アフターピルならノルレボジェネリックのアイピル

アフターピルは、避妊に失敗した次の朝に飲むことからモーニングアフターピルとも呼ばれています。

病院からは緊急避妊薬としてノルレボ(ヤッペ法の場合はプラノバール)が出されますが、処方されるのはその時の1回分だけです。
アフターピルは72時間以内(早ければ早いほど避妊効果が高くなる)に服用しなければ効果が無くなってしまいます。
1度飲むだけで良いので、ノルレボは飲み忘れが心配な人におすすめのアフターピルです。

アフターピルは処方医薬品のため、ドラッグストアなどでは購入できません。
病院が、予備の分のノルレボを処方しない現状を考えると、万一のときに備える分の薬を購入するには、個人輸入を利用するしかありません。
人気が高いアフターピル「アイピル」は、ノルレボのジェネリック薬です。
主成分はノルレボと同じレボノルゲストレルです。1回分の成分量も作用も同じなので安心して服用できます。

また、アイピルは病院で処方されるノルレボの5分の1程度の価格で購入できます。
万が一の備えと、吐き気がひどくて薬を吐き出してしまった時のために、何錠か余分に手元にあった方が安心できるでしょう。

近年、性行為後120時間まで高い避妊効果があるアフターピルが開発されましたが、価格がアイピルの3倍近くするので、やはりアイピルの方が使いやすいと思われます。
しかし、アフターピルは何度も服用すると、血栓症のリスクが非常に高くなり且つ避妊効果がどんどん落ちてしまうので、緊急時に限った服用の仕方が重要となります。
アフターピルだけに頼るのではなく、低用量ピルを活用するなど、パートナーと話し合って普段からちゃんと避妊するようにしてください。

また、初めてアイピルを服用する時は、婦人科の担当医師に相談しましょう。
ノルレボと服用方法を間違えないように、副作用のことも合わせて説明を受けた方が良いでしょう。
副作用が出た場合は、速やかに医師に報告してください。

アフターピルは1錠当たりの値段が高め

アフターピルの中でも1錠のみ服用するだけで、避妊の効果を得られるタイプが人気となっています。
海外ではモーニングアフターピルとも言われているノルレボ錠やアイピルが、このタイプに含まれます。
レボノルゲストレルという、黄体ホルモンと同じ作用をするホルモン製剤を配合しているのが特徴です。
どちらのアフターピルにも、このレボノルゲストレルが1・5mg配合されています。

医薬品を処方してもらう場合、ほとんどのケースで日本国内では健康保険が適用されます。
アフターピルも健康保険が適用されるのかと思いきや、実は適用されません。
健康保険が適用されるのは治療目的で処方する時のみです。
避妊目的で処方する医薬品ですので、自由診療となります。自由診療と聞いて一気に費用が気になる人もいるのではないでしょうか。

ノルレボ錠の場合、病院で処方してもらうとなると1錠につき約1万円から1万5000円程度の費用がかかります。
この金額はあくまで相場で病院によっては、2万円程度するケースもあるようです。
病院での処方となると初診料などの費用もプラスされるので、決して安い金額とは言えません。

医薬品にかかる費用を少しでも抑えたいという場合、ジェネリック医薬品を選択するという方法もあります。
先発医薬品のように莫大な開発費用がかかっていないため、ジェネリック医薬品は薬価が休めです。
アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品ですので、こちらをチョイスすればより1錠にかかる費用を抑える事ができます。

アイピルの場合、1錠の平均費用は約1350円程度です。
病院での処方ではなくインターネット上で、購入する事になるのでアイピルの費用は安い傾向にあります。