コンドームが破れたら72時間以内にアフターピルを

パートナーがいると性交渉を行う機会が非常に多くなります。
もちろん、妊娠を望んでいなければコンドームなどの避妊具を使用しますが、説明書にも書いてある通り100%の避妊成功率があるわけではありません。
経験がある人は多くはないようですが、性交渉中にコンドームが破けてしまうということがあります。
最悪の場合、敗れたことに気付かず膣内に射精してしまうこともあるでしょう。
避妊に失敗した場合には慌てずにアフターピルを72時間以内に服用することを検討すると良いでしょう。

膣内に射精すると精子は卵子と出会い受精が始まります。
その後、子宮内膜へと移動して着床しますが、アフターピルの効果は排卵や着床を阻害しますので避妊成功率はほぼ100%と言われています。
アフターピルには2種類あり、プラノバール錠の場合には1回で2錠を服用して12時間後にもう1度服用します。
ですので、12時間後が就寝時間帯になってしまう場合には最初の服用時間を調整するか、目覚ましをかけて服用するというような工夫が必要になります。
ただし、必ず12時間後に2回目の服用を行わなければならないので、起床できる自信がないという人は1回目の服用時間を調整した方が良いでしょう。

もう1つのノルレボ錠は1回の服用で終了となりますので飲み忘れのリスクがありません。
また、頭痛や腹痛、吐き気などの副作用も少ないので確実性を重視するなら後者が良いでしょう。
ただし、服用も簡単でローリスクな分金額も高価なものになりますので注意が必要です。
飲み方に違いがありますが、どちらも女性ホルモンに働きかける薬ですので服用後には生理周期の乱れがあることは念頭に置いておきましょう。

また、昨今では性被害に遭う女性も少なくはありません。その際、中々相談できずに気付いた時には妊娠していたということもあります。
取り返しがつかなくなってからではアフターピルは効果を発揮できません。そうなる前に誰かに相談したり、直接産婦人科を受診するなどしましょう。
また、ピルの購入は通販が手っ取り早いです。処方箋無しに目的のピルを購入出来ますが、アフターピルに関しては性行為後72時間以内に服用しなければならないので、事前に購入しておく必要があるでしょう。

万が一性被害に遭ったときのためにも常備

女性は誰もが性被害に遭う可能性があるので、全ての女性が考えておかなくてはいけないことが、もしも性被害に遭った時にはどのように対処をするべきかということです。
性被害は自分が予期していない時に起こるもので、自分だけの力では完全に性被害を避けることはできません。
また実際に性被害に遭ってしまったら精神的なショックは相当のものがあり、冷静に物事を考えることが難しいという状況に陥ってしまう可能性があります。

性被害に遭った時には、できれば誰かに相談をしたり産婦人科を受診することが望ましいのですが、なかなかそうはいかないことも多く、一人で抱え込んでしまう人も多いようです。
そして時間が経過してしまった後に妊娠をしているということに気付くこともあります。
こういったことを予防するためには性被害に遭った後に避妊成功率が高いとされているアフターピルを服用すると、妊娠を回避できる可能性があります。
アフターピルの飲み方は性交後出来るだけ早く服用することで避妊効果が高まります。
遅くとも72時間以内にはアフターピルの服用を終えていないとしっかりとした効果は期待できません。

これはコンドームが破れるなどの避妊に失敗をした時も同様です。
アフターピルの服用をすると個人によって差がありますが3日~3週間の間に生理がきて妊娠を予防します。
もしも3週間が経過しても整理が来ない場合には妊娠をしている可能性もあるので病院を受診する必要があります。
またアフターピルを服用した後は体内の女性ホルモンが急激に増えた状態になるために吐き気や頭痛などの副作用が起こる可能性があることを覚えておきましょう。

アフターピルは性交後72時間以内に服用するということがとても重要で、時間が経過してしまうと効果を発揮できません。
そのため万が一性被害に遭ってしまった時のためにアフターピルを常備しておくと、いざという時にすぐに服用出来ます。