トリキュラーの通販と病院処方はどの程度値段が違う?

避妊目的でピルを服用する時には、毎日1回1錠を継続して飲むことが大切になります。
1回でも中断すると避妊効果が薄れるため、毎日正しく服用することが重要です。
毎日摂取することになると、費用も掛かってきますよね。
低用量ピルであるトリキュラーは、日本でも最もポピュラーなピルです。
産婦人科で処方されるものはトリキュラーが一般的で、よく処方されます。
他にも様々なピルあるのですが、トリキュラーはリーズナブルな価格で人気です。
トリキュラーの主な成分は、レボノルゲストレルでホルモンバランスを整えることもできます。

トリキュラーを入手する方法は産婦人科などの病院で処方してもらう方法がありますが、個人輸入として通販する方法があります。
トリキュラーは、ピルを処方してくれる病院であればほとんどの病院で入手できますが、値段は1シート当たり、1,500~2,300円程度です。
病院にかかると診察費などもかかってくるのでそれらも考慮することが必要です。

避妊目的のためには健康保険は適用されず、自由診療になり値段も高めになります。
婦人科に行くと、検査費用や交通費、待ち時間などもかかってくるので長く愛用していきたい人には負担になります。
通販ですと、1箱1,200円から購入することができて、まとめ買いや定期購入でより安い購入が可能です。
通販ですと、自宅まで届けてくれますし、購入する数によっては更なる割引もあります。配送料も無料となるので、忙しいかたには自宅に居ながら簡単に購入することが可能です。
忙しくて通院することができず服用すべきピルがないといった事態も、通販では空き時間にスマートフォンから簡単に注文できますので避けることができます。

体に合うピルであればわざわざ何度も通院することなく安く手に入れることがお勧めです。
トリキュラーで確実な避妊ができますので、継続するためにもお得に手に入れましょう。
通販サイトによっては値段が異なるので比較してみてください。

通販はまとめ買い割引がきく

レボノルゲストレルが有効成分になってるトリキュラーは、病院処方の他にも通販で購入することができます。
わざわざ病院へ行く手間と費用をかけずに避妊することができるので非常に便利ですが、それ以外にもまとめ買いができるというメリットも魅力的です。

通販の場合、基本的に1度の注文額が16,000円を超えない範囲ならまとめ買いが可能です。
避妊するにはホルモンバランスのコントロールを常に続ける必要がありますが、トリキュラーをまとめ買いしておけば薬が切れて避妊効果が途切れる心配もありません。
しかも、通販サイトの多くはトリキュラーのまとめ買いをすればするほど割引がきくところが多いです。
単品で購入した場合は1ヶ月あたり1,000円ほどですが、12ヶ月分をまとめ買いすると1ヶ月分が約500円を下回ることもあります。
非常に安くなるので、長期間トリキュラーを服用する予定の人は最初からまとめ買いしておいた方がずっとお得です。

ただ、まとめ買いをし過ぎて1度の注文で16,000円以上になってしまった場合、税関のチェックで発見される可能性もあります。
没収されて自宅に届かなかったり、別途課税されてしまうこともあるので注意が必要です。
通販サイトでも12ヶ月分以上はまとめ買いできないところもあるので、注文する際には金額を確認しておきましょう。

トリキュラーの値段は通販サイトごとに違うので、まとめ買いの割引もサイトによってかなり幅があります。
割引率が高いところもあれば、元々1ヶ月分の価格が安いため割引率がそこまで大きくないところもあり、事前の調査が欠かせません。
少しでも安くトリキュラーを購入したい場合は、複数の通販サイトの価格をじっくり見極めてから注文することをお勧めします。